トップ企業情報

会社概要

株式会社インターメディカルは、1979年に設立されて以来、臨床医学のための治療器具や基礎医学の研究ための実験装置・測定装置等を提供して参りました。当社が最初に開発した頸動脈内膜剥離術用内シャントは、今日殆どの病院で使用されており、また独自の技術で開発した一酸化窒素測定装置は、電極法による一酸化窒素(NO)測定法としては世界で最も進んだ測定装置として、現在では世界中の研究者によって使用されおり、また多くの学術論文が発表されています。

社名(英文社名) 株式会社インターメディカル (INTER MEDICAL CO.,LTD.)
所在地 〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池三丁目40番4号
TEL:052-731-8000  FAX:052-731-5050
代表者 取締役社長 梅村 一男
資本金 3,000 万円
設立 1979年12月

事業内容

臨床分野医療機器、基礎医学研究機器、電気電子計測機器の開発・製造・販売ならびに輸入機器販売及び輸出が主たる業務です。

取扱主要商品 古井式頚動脈内膜剥離術用シャント・バスキュークランプ
一酸化窒素測定装置・酸素分圧測定装置・ドーパミン測定装置
微小電極・電気化学電極
主な納入先 全国医科系理工系農学系大学・大学院
旧国立(独立行政法人)医薬関係研究機関
病院研究機関・製薬会社研究機関・食品会社研究機関

沿革

インターメディカルの歴史は1979年から始まりました。

1979年 ・株式会社ワールドメディカル設立
1984年 ・古井式頸動脈内膜剥離術用シャント・バスキュークランプの製造販売を開始
1985年 ・米国AXON INSTRUMENTS社(現在はMolecular Devices社)の電気生理実験研究機器類の輸入販売を開始
1988年 ・大阪営業所開設
・東京支社を開設
・一酸化窒素測定装置、酸素分圧測定装置の製造販売を開始
・デジタル温度計の製造販売を開始
・実験用電極類の製造販売を開始
1999年 ・新社ビル完成に伴い名古屋千種区に本社を移転
・米国AXON INSTRUMENTS社(現在はMolecular Devices)のDNAマイクロアレイ スキャナの輸入販売を開始
2000年 ・細胞内カルシウムイオン測定装置の販売開始
2004年 ・一酸化窒素・酸素分圧のコンビネーション電極を開発
2005年 ・A/Dコンバータの製造販売を開始
・ドーパミン測定装置とドーパミン電極を開発
・INDEC Biosystemsの日本総代理店となり、蛍光イメージングシステムの輸入販売を開始
・Cellectriconの日本総代理店となり、多チャンネル灌流装置の輸入販売を開始
・Burleigh社(現在はThorlab)の日本総代理店となり、ピエゾ式マニピュレータの輸入販売を開始
・Neo biosystems社の日本総代理店となり、オートパッチクランプシステムの輸入販売を開始
2010年 ・Auto Mate Scientific社の販売店となり、灌流システムの輸入販売を開始
・NEUROSTAR社の代理店となり、in-vivoシステムの輸入販売を開始
・Kyratec社の代理店となり、PCRの輸入販売を開始
2011年 ・Lumen Dynamics (X-Cite, Omuni-Cure)のサービスセンターを開設
ページトップへ
Copyright (C) Inter Medical co.,ltd. All Rights Reserved.